気をつけたらいいところは? | 可愛いペット達の為にも……アジーの正しい使用法と賢い入手法

気をつけたらいいところは?

オレンジ色のたくさんのカプセルと白目の錠剤

どのお薬にも共通していることですが、お薬を服用する上で大事なのは決められた時間と量を守ることです。「ご飯を食べる時間が遅れてしまったから昼の分はナシで夜に二回分飲ませばいい」や「昨日、飲んだらマシになったから終わり!」とかやっていると本来なら早く完治するはずの病気もいつまでたっても治りません。
これは人間だけではなく、動物にもいえることなのです。ましてや、犬や猫は人間みたいに自分で必要な薬を出して、自分で服用するなんてことは出来ません。人間である飼い主が支えてあげて、看病してあげることが大事です。
基本的に1日1回7日間使ってみて様子を見てあげましょう。薬の量は愛犬や愛猫の体長、体重によって異なってくるので、判断が出来ない時はいいかげんに服用させるのではなく、獣医師に相談しましょう。
このアジーというお薬は人間にも使用されることもあります。その際、頻繁に起こるものではありませんが頭痛や吐き気、腹痛、めまいなどの副作用が起きる事があります。
犬や猫も同じ症状が発症することがあります。そうなってしまった場合は続けて使用するのではなく、一旦使用を中止して最寄りの動物病院まで連れていき獣医師に診てもらいましょう。別の病気にかかっている可能性もあるかもしれません。
このお薬は個人で購入することも可能です。動物病院を毛嫌いするペットも珍しくないので、見た感じ軽い症状と判断できるのであればこのアジーは非常に便利で飼い主の時間と手間も省くことは可能です。しかし、相手は人間ではなく喋れない動物です。ひょんなことから命を落としかねません。飼っている以上は責任を持って愛を注いであげましょう。